消費者金融の審査通過率

審査通過率というのはそのカードローンの申込者数に対する成約者の割合のことです。

 

どのカードローンでもこれを公表しているわけではありませんが、大手消費者金融など一部のカードローンでは会社のホームページにて公表されています。

 

銀行カードローンの審査通過率はあまり公表されていませんし各社で審査通過率にはかなり違いがあるので一概には言い切れないのですが、一般的には銀行カードローンの審査通過率は20%〜30%程度と言われています。一方消費者金融の審査通過率は30%〜50%と言われており、こうしたデータからやはり消費者金融は審査に比較的通りやすいということがわかります。

 

大手消費者金融のなかで審査通過率が高いのはアコムです。アコムの2015年4月〜2016年3月の審査通過率の平均は48.3%と、5割に近い数値となっています。

 

一方、アコムと比べられることが多いプロミスの同時期の審査通過率の平均は43.5%となっており、審査通過率ではアコムの方に軍配があがることがわかります。

 

意外なのがアイフルで、アイフルの同時期の審査通過率は46.5%とアコムに次ぐ審査通過率となっています。

 

ではアコムが一番審査に通りやすいのかといいますと、確かにそうなのですが、アコムは審査通過率は高いものの初回貸付単価が低いというデメリットがあります。初回の貸し付け額が他社よりも少ない分、広く多くの方に利用してもらうといった戦略なのかもしれません。