消費者金融の審査時間

消費者金融は審査スピードに優れていて即日融資を希望する方には非常におすすめです。大手ですと審査時間は最短30分、融資までは最短1時間というところもあります。

 

ただし、申し込みをしたタイミングや審査の結果などによっては審査に時間がかかることももちろんありますから、審査にはある程度の時間がかかる、と見越して申し込みをする必要があります。

 

審査が早いのはどんなケース?

審査が早く終わるのはどのようなケースなのでしょうか。審査がスムーズに進むのは、審査結果に問題がない場合、もしくは明らかに審査に通らない場合です。

 

ある程度の属性で信用情報にネガティブな情報もなく特に他社借入などもない、クレジットカードの利用履歴はあっても普通に遅れることなく返済できている、そうしたクリーンな履歴の方の場合には、スムーズに審査に通る可能性があります。

 

一方、延滞や債務整理など金融事故の履歴がある、他社借入が多すぎるなどといった場合には、よくよく審査をするまでもなくその時点で審査に落ちてしまう可能性があります。

 

審査に時間がかかるのはどんなケース?

では、審査に時間がかかるのはどのようなケースなのでしょうか。それは融資の可否や融資額の判断が難しい場合です。消費者金融側としては貸付実績を伸ばしたい一方、貸し倒れになるリスクは避けたいわけです。

 

例えば即審査落ちというほどではないが他社で多少の返済の遅れがある、また申し込み履歴が若干多いなど、融資はしたいけれどもしかしてリスクがあるかも…?と判断に迷うようなケースは審査に時間がかかります

 

そうした場合には、即日で判断を下さずに慎重審査を行って融資の可否を判断するのです。

 

また希望額が多い場合にも時間がかかる可能性があります。例えば10万円程度の融資であれば即日で審査結果が出る場合でも、それが50万円以上のある程度まとまった額になると審査はその分慎重になります。

 

もし自分が人にお金を貸すとして、例えば1,000円程度でしたら割と気軽に貸せても、「10万円貸して」と言われれば同じように気軽に判断して貸すことはできませんよね?消費者金融の場合、50万円を超える融資になりますと収入証明書の提出が必要になりますから、提出された書類と合わせて、いくらなら融資しても良いか慎重審査が行われますので時間がかかる可能性があるのです。

 

また意外にも、信用情報がクリーンすぎる場合にも審査に時間がかかることがあります。他社借入などもなくクリーンな状態であれば普通は借りやすいのでは?と思われるかもしれませんね。

 

ここでいうクリーンというのは「スーパーホワイト」と呼ばれるもので、信用情報機関で照会してもカードローンの履歴どころかクレジットカードなども含めて何の利用履歴もでてこない、登録すらされていないような状態のことをいいます。

 

例えば社会に出たての新卒社員の場合にはクレジットカードもまだ持ってなくてカードローンやキャッシングも使ったことがない、というのは普通にありえますよね。しかしこれが30代、40代となって何も履歴がないとなったらどうでしょうか。本当に利用したことがないのかもしれませんが、過去に債務整理をしている場合には情報の保有期間は新たな借入などができませんから、保有期間が過ぎて信用情報がクリーンになっている元債務整理者かもしれない可能性もあるわけです。