消費者金融審査のポイント

消費者金融は比較的審査に通りやすく、申し込みをしたその日のうちに審査に通るなど審査スピードにも優れています。そのため、即日融資など急ぎでお金が必要な方にたいへん便利なサービスとなっています。しかしどんな方でも審査に通るのか?といいますとけっしてそんなことはありません。

 

審査に通るために最も重視されるのは、貸したお金をきちんと返す返済能力があるかどうか?という点です。返済能力の有無をはかるために次のような点が審査のポイントになってきます。

 

安定した一定の収入があること

返済の原資となる収入は返済能力をはかる上で重要なポイントです。返すあてのない人にお金を貸してしまいますと貸し倒れになってしまうリスクがあります。審査の上、毎月安定した一定の収入があることが重要になってくるのです。

 

安定した一定の収入、といっても年収が高ければいいというわけではありません。勤務先や保険証の種類、家族構成、年齢などさまざまな面から審査は行われます。パートやアルバイトでも毎月一定額の収入があれば大丈夫です。また勤続年数も「安定した収入」をはかるうえで重要な審査ポイントになってきます。5年以上など長く勤めている場合には評価が高くなります。

 

他社借入が多すぎないこと

他の会社からの借入がある場合には、その分返済に充てる財源が少なくなっているわけですから、何も借入がない人と比べて審査は厳しくなります。また返済の遅延がある場合には審査はさらに厳しくなります。

 

審査基準は各社で違いがあるため一概には言い切れませんが、他社借入件数は2〜3社程度であればまだ審査に通る可能性はありますが、4社を超えてきますと審査に通るのが難しくなってくるようです。また消費者金融での借入の場合、総量規制の関係から自身の年収の3分の1を超える借入が法的にできません。そのため、他社借入ですでに年収の3分の1かそれに近い額の借入がある場合には審査に通るのが難しくなります。

 

金融事故の履歴がないこと

過去に延滞や債務整理といった金融事故の履歴がある場合には審査に通るのは難しいです。お金を貸す金融機関側が最も嫌なのは貸したお金を返してくれない貸し倒れの状態になることです。

 

審査において重視されるのは貸したお金をきちんと返してくれる人物かどうか、という点ですので、すでに過去に期日どおりに返済をしない・貸し倒れの履歴がある方の場合にはまず審査に通るのが難しくなってしまうというわけです。この金融事故暦はその事故の種類によって、5年〜10年という長期の間信用情報に登録され続けます。

 

審査に通るために気をつけるべきポイントは?

では消費者金融審査に通るためには具体的にどのような点に注意していればいいのでしょうか。消費者金融審査は収入や勤続年数、勤務先、その他信用情報などといったさまざまな情報から融資可能か判断するものですが、なかでも審査に通るために気をつけるべきポイントは以下のようなことが挙げられます。

 

多重申し込みは審査を不利にする

どうしても借りたいという追い詰められた状況のときに、「これだけ申し込めばどこか審査に通るだろう」と焦って何社も同時に申し込みをしてしまう方がいらっしゃいますが、これは審査を不利にします。

 

申し込みの際には必ず個人信用情報機関に信用情報の確認を行いますが、実は申し込みをしたというだけでその履歴が信用情報には残っているのです。そのため、短期間のうちにいやに申し込み件数が多いことがわかりますと、「相当お金に困っている人なのかも」と判断されてそれだけで審査に落とされてしまうことがあります。申し込みの際には1社ごと、そして短期間に連続した申し込みをしないよう注意しましょう。

 

虚偽の記載をしない

審査に通るために年収を多めに書いたり、また他社借入件数を少なく書いたりといったケースがありますが、審査をする側も審査のプロですから嘘の記載はすぐにバレてしまいます

 

特に他社借入件数は信用情報の確認の際に一発でバレます。正直に正確な情報を記載するようにしましょう。また、故意でなくとも書き間違いで虚偽の記載と疑われて審査に影響が出る可能性もありますので、申し込みの際には間違いがないように慎重に記載をしてください。

 

支払いの遅れに注意する

すでに他社で借入をしているという方の場合には、支払いの遅れがないように注意しましょう。支払いが滞っている状態では審査に通る可能性はまず低いですし、うっかりの返済忘れであってもそれが頻繁にあるようでは信用を失ってしまいます。

 

またカードローンやキャッシングだけでなく、クレジットカードの支払いなども同様に信用情報に記載されてしまいますので注意が必要です。

 

銀行と消費者金融の審査の違い

 

銀行カードローンと消費者金融とでは金利や限度額といった目に見える違いがありますが、審査においてはどのような違いがあるのでしょうか。

 

銀行審査は銀行と保証会社の二重構造

消費者金融の審査というのは、消費者金融単体での審査になりますが、銀行カードローンの場合には銀行本体の審査の他に、保証会社の審査が行われます。貸金業法の改正により、多くの消費者金融は銀行のグループ傘下に入ることになりました。

 

個人向けの無担保・保証人なしの貸付の経験があまりない銀行は、豊富な融資実績と審査ノウハウを持つ消費者金融を抱えることでより確実な貸出審査を代行してもらえるようになったのです。

 

これにより、銀行カードローンの審査はグループ内の消費者金融で行うのと並行して銀行の基準での審査も行うという二重構造になったのです。

 

なぜ審査の難易度が違う?

ではなぜ銀行カードローンの審査は厳しいと言われているのでしょうか。同じ消費者金融が審査をしているのであれば、審査の難易度も同じなのでは?と思われるかもしれませんね。カードローンの仕組みでは、審査の厳しさと金利の高さとは反比例の関係になります。審査が厳しければその分金利が低く、審査が柔軟であればその分金利が高くなる、ということです。

 

金融機関にとって、利息というのは収入にあたります。利息収入によって人件費や店舗費用、広告費など経営にかかるさまざまな費用をまかなっています。金利が低いということは、利息収入が少なくなるということです。もしも貸し倒れ、つまり貸したお金を返してもらえなくなった場合、その分の赤字は利息収入から補填することになります。

 

そのため金利が低くて利息収入が少ない場合には審査を厳しくして貸し倒れリスクが少なくなるようにする必要があるのです。

 

こうしたことから、審査の難易度には違いがでてくるのです。ただし、金利が同じだからといって審査の難易度が同じというわけではありません。審査基準は各社ごとでそれぞれ違いがあるので、同じ金利でもA社には通ったけれどB社では落ちてしまった、ということも珍しくはありません。

 

適用される法律の違い

銀行と消費者金融とでは適用される法律に違いがあります。消費者金融は貸金業者にあたりますので貸金業法の適用になりますが、銀行は貸金業者ではないですので貸金業法の影響を受けません。

 

これにより、審査にどのような違いが出てくるのかといいますと、大きな違いは改正貸金業法により導入された総量規制になります。総量規制では個人の借入総額が原則年収の3分の1までに制限される、というものです。これにより、消費者金融ではお金を借りることのできない専業主婦の方でも銀行カードローンでしたら総量規制対象外ということで審査に通ることが可能になります。ただし、配偶者に安定した収入があることや限度額も最高30〜50万円程度までなど条件がつきますので注意してください。